1987年に創立したフランスのファッションブランド。A.P.C.は生産と創造の工房(Atelier de Production et de Creation)の 略である。

1991年、日本で初のショップを東京・代官山にオープンさせ、その名を広めた。レディースラインのカッティングはボディラインを美しく見せせ、シンプルかつベーシックで時代に左右されない洗練されたスタイルで多くのファンを惹きつけている。すでに世界各国で認知されたブランドとなっており、日本でも各地に店舗展開している。

商品がみつかりません

Brand Recommend

デザイナーは創立者でもあるJean Touiout(ジャン・トゥイトゥ)。彼は1951年チュニジアに生まれ、パリソルボンヌ大学で言語学や歴史学を学び、卒業後南米を1年間放浪した。1977年に帰国し、パリのケンゾーに入社。その後アニエス・ベーを経て、1983年に入江末男とイリエを創った。

そのメンズブランドとして、1987年に「アーペーセー(A.P.C.)」をスタートさせたのが始まり。レディースラインは翌年1988から開始した。発表当初、「服をデザインした人間より服自体の良さを前面に出したい」という考えから、ブランド名は存在していなかった。

日本の販売は株式会社ルック(LOOK Inc.)がA.P.C.Japan株式会社の全株式を取得し、アー・ペー・セーの国内事業を担っている。

トップページ > レディース > フランス > 【A.P.C.】アー・ペー・セー

このページのトップへ↑